• ホーム
  • 自然薬
  • 症状について
  • 店舗紹介
  • お問合せ
  • 安藤漢方ブログ
安藤漢方薬局ブログ

お客様からの嬉しいお便り

Sさん(84歳 女性)

以前より頻尿のご相談がありましたので、漢方薬を飲んでいただいています。服用開始から2か月ほどで症状がずいぶんよくなり、継続されています。最近は、消毒液をよく使うので、手が乾燥してボロボロになり困っているとのお話でしたのでジュンキコウをおすすめしました。

数週間後、「べっぴんさんになりました!」とお電話がありました。詳しいことをお聞きすると、ジュンキコウを毎日2回ほど手にすりこんでいると、ボロボロになっていた手が潤いを取り戻して非常によくなったので、目のふちにできていた脂肪のかたまりにも塗ってみたのだそうです。いつからか目のふちに木綿糸をくちゃくちゃとより合わせたような脂肪のかたまりができて、眼科で相談しても「う~ん」といわれただけだったので諦めていたそうです。そこへジュンキコウを就寝前に念入りにぬってみたところ、1週間ほどでその脂肪のかたまりがポロッととれたのだそうです。「ほかのシミにも毎日ぬっていると広がっていかないように思う。おかげさんでべっぴんさんになりました!」とのこと。ほんとうに嬉しいご報告をいただきました。やはり女性はいくつになっても、きれいでいたいという気持ちが大切ですね。

                        嵐山店 みさお

ワクチン接種する前に

いよいよ新型コロナウイルスのワクチン接種がはじまりますね。

ワクチン療法とは、バイオテクノロジーを用いた医学技術で人工開発されたワクチンを用い、体の中に免疫抗体を作らせる方法です(人工的獲得免疫)。

特徴1 ウイルスの遺伝子を持つメッセンジャーRNAを大量にカプセルに包み込んでいます。

特徴2 接種後、人の細胞に入ると免疫の力によりマクロファージや樹状細胞に取り込まれる。メッセンジャーRNAを解読し、オーダーメイドの武器である抗体を作るように指示する(抗原提示)。正しく抗体ができることでその後ウイルスが体に入ってきても細胞内に侵入できなくなり、感染が起こりにくくなる。

ただし、免疫の力が弱いと、接種したワクチンは体内でオーダーメイドの武器(抗体)をつくることができないまま、タンパク質として体外に排出されてしまうかもしれません。免疫反応を利用して抗原提示(オーダーメイドの抗体をつくる)をするために、免疫の力がしっかりしていることが大切です。

免疫の力を充実させるために ①理想体温 36.6~37.2度を保つ。 ②精神的ストレスを減らし、十分な休養と睡眠をとる。 ③食品をバランスよく摂る。(良質タンパク・抗酸化作用のある食品・腸内環境を整える食品)

これら①②③がなかなか出来ない方、免疫の力に自信のない人、免疫力を弱める治療を行っている方などは、抗原提示(抗体をつくるように指示をだす)がされにくく、抗体がつくられにくい。

今回のワクチンを最大限に活用して抗体をつくるために、ワクチン接種の1~2か月前から免疫の力を充実させることをおすすめします。免疫細胞を活性化する紫華栄(しかろん)、シイタケ菌糸体抽出発酵食品などをお役立てください。

                           嵐山店 みさお

                          

お客様からの嬉しいお便り

3年半前から2種類の漢方を飲んでいただいているお客様から、嬉しいお便りをいただきました。40歳代後半の女性です。お悩みの症状がとても多く、高血糖・耳鳴り・声がれ・卵巣嚢腫・頭痛・子宮ポリープなどでした。服用開始から2か月で、睡眠の状態・目覚めがよくなり、体が楽になったとのご報告でした。4か月たったあたりから少し体重も減少し、体が軽くなって、体調良好。半年後の検査では、それまで心配だった腫瘍マーカーの値が下がったと喜んでくださいました。1年前より貧血も気になるため、1種類増やして3種類の漢方を継続されています。ヘモグロビンA1cが7.0くらいだったのが5.5となり、体調良く忙しいお仕事もこなせているとのこと。昨年末の婦人科検査では長年の卵巣腫瘍が半分の大きさとなり、子宮・乳がんともに異常なしだったそうです。以前は、忙しい仕事のストレスから間食も多くたくさんの不調をかかえておられ、免疫も低下状態になっておられたと思います。現在は気力・体力ともにずいぶん回復され、”次の検査も良い結果が得られるように意識していきたいです!”というお言葉をいただきました。H様、いつも有り難うございます。今年もコロナ禍など厳しい状況が続きそうですが、充実した毎日にしていきましょう!       

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。
本年も変わらぬご愛顧どうぞよろしくお願いいたします。
昨年に引き続いてコロナウイルスの感染が危惧され、年始そうそう1都3県の緊急事態宣言がなされました。長期的な不安と緊張が強いられる年明けですが、いかがお過ごしでしょうか。一日もはやく、心穏やかで安心して暮らせる日が戻ることを祈るばかりです。心おきなくお買い物に出かけたり、お友達やご家族と会えないことで、精神的な辛さを訴えられる方も増えています。ご体調はもちろんのことですが、日々の心の健康もとても大切です。ココロとカラダの両面を元気に保つためには、免疫・血液・ホルモンのバランスが重要です。この3本柱が充実していると自律神経も安定しますし、自然免疫が働いて様々な病いや感染症を予防してくれます。
安藤漢方薬局では、厳選した漢方薬、自然薬、漢方サプリメントなどを使った健康相談を実施しています。ご来店が難しい方は、電話やメール、LINE@andokanpouからでもご相談可能ですのでお気軽にご相談ください。
明るく元気にこの困難を乗り越えてまいりましょう!!
https://www.andokanpou.com/
嵐山店:075-871-4617
桂 店:075-381-9161

店主敬白

生稲晃子さんと健康鼎談!

先日は、自然薬「松寿仙」の製造元 和漢薬研究所が発行しています健康情報誌『主治医』の鼎談があり、なんと、元おニャン子クラブの生稲晃子さんをお招きして収録してまいりました。あっという間の1時間。明るくて穏やかでとても素敵な方でした!
(桂店 安藤ともき)

息苦しくないですか?

こんにちは。 コロナウイルスによる自粛の生活が長くなっています。 精神的な息苦しさもそうですが、いままでの生活の中で、花粉症の方以外、こんなにマスクを付け続けた事ってありませんよね。 気温も上昇してくる時節、微妙に酸欠になっているように感じることがあります。 身体にしっかりと酸素を取り込めるような漢方やサプリメントもご紹介できますので、ぜひご相談ください。 楽しく健やかな日々を過ごせることを願います。 安藤漢方薬局

第35回京都むらさきクラブの集い

11月21日、ホテルグランウィア京都において「京都むらさきクラブの集い」を開催しました。 この日は、笑いヨガ認定ティーチャーの西村ますみさんをお招きして、笑いヨガの効用についてのお話しと実践の講演をいただきました。日ごろから自然薬を愛用くださっているお客様180名の方が出席くださいました。最初は恥ずかしそうにされていた方も、笑いヨガの魅力にだんだんはまり、最後は大笑いしながらの実践。身も心もほぐれて、体全体がほかほかしてくるようです。今年も残り少なくなりました。感謝の気持ちをこめて閉会のご挨拶をさせていただきました。 嵐山店 みさお  

安藤漢方のお話し会を開きました

梅雨がようやく開けた 7月24日、嵐山店内にて健康お話し会をいたしました。 内容は、「毛細血管とリンパのはたらき、そしてHGFについて」、「糖化と糖質・脂肪酸の違い」、「自然薬の使い方」。 お話し会の後は、皆さんでお食事&おしゃべりタイムです。 はじめて会ったお客様同士でも、健康に関する話題がはずみ、楽しいひとときでした。 最後には、言葉遊びゲーム 嵐山店スタッフのわたくしが、上の句:「朝一番の~」と問いかけますと、お客様が  下の句:「松寿仙(しょうじゅせん)!」と応じてくださり、笑いのうちにお開きとさせていただきました。 14名のご参加くださいました皆さま、ほんとうに有り難うございました。                                                    嵐山店 みさお        

「笑いヨガ」を体験しました。

みなさんは、「笑いヨガ」ってご存じですか? 医学的に「笑い」は大事といわれています。 「笑い療法の父」といわれるノーマン・カズンズ氏 (1915-1990)は 笑いで自らの膠原病を克服されたそうです。 「笑いヨガ」は、1995年にインド人医師 マダン・ カタリア博士がヨガ講師の夫人とともに考案された 笑いの体操なのだそうです。 体操としての笑いも、本物の笑いも、身体におよ ぼす健康効果は同じという科学的根拠に基づいて います。 ヨガの呼吸法を取り入れているので、「笑いヨガ」 というそうです。 今では世界70か国以上に広がっているとのことです。 「笑いヨガ」の効果とはどんなものがあるので しょうか? 1、酸素が血液にいっぱい行き渡るのでエネルギーが満ち溢れます。 2、ストレスが減少します。 3、リンパ系がマッサージされるのか免疫の力が強くなります。 4、笑いのセッションを続けると、心と体の状態がよくなってきます。 5、アンチエイジング、認知症予防、うつの緩和・・・などにも効果があります。 いいことだらけですね。 ユーモアのセンスも体力も必要ありません。 子どもの心に返って笑えば、笑いの量は満たされて、 笑いが伝染して 本物の笑いに変わっていくそうです。 小難しいポージングなどは、一切ありません。 手拍子をしながら「ホッホ ハハハ」と3回繰り 返して最後に万歳しながら「イエイ」 お腹の底から声出して、笑って、手拍子して、 呼吸する、ただそれだけです。 体を動かしながら、ストレッチして、手拍子し ながら、声を出して大いに笑う。 終わってみると、なんだか体が柔らかくなって スッキリした感じ。 息を吸って吐いて、ハハハ~って笑って 、声をだすのが気持ちいい。 悲しいことや、悔しいことがあっても、 作り笑いでもいいから笑ってみる! 心や体にとって、とても大事なことかも しれません。 「笑う門には福来る」ですね。                  嵐山店  みさお

脳疲労

ようやく少しずつ認知されてきました。スマホなど情報過多の脳疲労。漢方で落ち着かせませんか? (桂店 ともき)