• ホーム
  • 自然薬
  • 症状について
  • 店舗紹介
  • お問合せ
  • 安藤漢方ブログ
安藤漢方薬局ブログ

風邪は初期対応が肝心

ゾクッと来たり、のどがいがらっぽくなったときに、すぐ体力を上げる漢方薬を飲めば本格的な症状が出ずに元に戻ります。
ということは手元に常備薬としていくつか持っておかないと対応できません。
仕事に出かけるときでもかばんにいくつか常に入れておくと安心です。
こじらせて病院に行ったところで治す薬は無いですし、いたずらに時間を無駄にするだけだと私は思っています。
(桂店 ともき)

漢方薬の本当の飲み方

漢方薬はいまいち効いているかわからないと思っているあなた。
本来の飲み方をしてみたことはおありでしょうか?
葛根湯などの~湯となっているものは本来煎じて液を飲むもので、麻子仁丸などの~丸となっているものは本来丸剤で飲むものです。
エキス剤のように粉で飲むものではありません。
エキス剤という便利さが一定量効きを減じていることがもあります。
(桂店 ともき)

気温差に注意

昨日は京都は真夏日でした。暑かったです。
しかし今日からは気温が下がりそうです。
日頃自分の血管に注意を払っていない方は温度差が血管のダメージを与える可能性があります。
血管の劣化は普段目に見えませんが、何も対策を取らなければ、年を重ねるごとに劣化していくものです。
気温が下がり、身体が冷え始める前に漢方で対策を始めませんか?
(桂店 ともき)

ちゃんと眠れていますか?

個人差はあるでしょうが6時間以下の睡眠時間では基本的に人の睡眠時間としては足りていないと思います。
目安は休日に2時間以上の寝だめが出来る人は、平日の睡眠時間が足りていないと言えます。
特に寝入りばなの最初のノンレム睡眠がどれだけ深くなるかが重要です。
睡眠の質を良くする漢方を試してみませんか?
(桂店 ともき)

いってきました!長寿の森林・長野



9月の連休を利用して、京都自然薬研究会主催「長寿の森林散策~一泊二日長野の旅~」
いってまいりました。
17日、台風18号から逃げるかたちで一路信州をめざし、京都駅八条口をバスで出発しました。
スタッフ5名と、いつも自然薬「松寿仙」を愛用くださっているお客様20名のかたが参加くださいました。
国宝松本城、安曇野のわさび園へ立ち寄ったあと、北アルプスの山並みをながめつつ野沢温泉へ。
信州の美味しいお酒とお料理を味わい、宴会の終盤は、お楽しみのくじ引き大会です。
松寿仙・紫華栄・新ササカールなど当たられた方は満面の笑みでとても喜んでくださいました。
でも空くじなしの大サービスでしたので、全員笑顔のうちにお開きとなりました。
そして、野沢温泉の少し熱めのお湯をゆっくりと、旅館の内湯も、げたを鳴らして
外湯にも出掛け,源泉かけ流しの湯を堪能しました。
早朝の朝市を楽しまれた方もありましたよ。
翌日は、いよいよ「長寿の森林へ!
木島平村のカヤノ平高原は松壽仙の原料、クマザサ・アカマツのふるさとです
自然薬グループが林野庁から許可されて、山林の環境保全をしながら採取をしています。
関西ではみられない白樺やブナ、ダケカンバが自生し、日本で最も美しい森林といわれています。
そんな場所に自然薬グルーが整備している、長寿の森林があるのです。
この日は、台風一過のため遊歩道の状態が悪くて十分な散策はできず、それがとても残念だったのですが、
束の間、マイナスイオンをいっぱい浴びて森林浴をいたしました。
ブナの林は多種多様の生きものを受容するとても豊かな森なのだそうです。
数日前のものという熊の?も目撃しました。
もっと森の奥へ進みたいと後ろ髪をひかれましたが、京都へ帰らねばなりません。
昼食後は、栗の町小布施に立ち寄り、栗羊羹や栗落雁のおみやげをゲットして帰路につきました。
二日間の行程、参加者皆さんのご協力のお陰さまで、無事に催行することができました。
ほんとうに有り難うございます。
お友達の誘いで参加され、二日の間にすっかり松寿仙を気に入ってくださった方もあり、
とてもうれしいです。
二日間、安全運転に努めて正確なハンドルを握ってくださったヤサカ観光バスの福田運転士さん、
明るく知識豊かに案内してくださった上野ガイドさんも本当にお世話になりました。
今回の長野の旅は、京都自然薬研究会がカポニー産業(株)と協力して2年がかりで計画し、
実現することができました。
長時間の移動距離や自然の気象状況など難しい条件のうえ、急な予定変更などもありました。
私たちスタッフとして行き届かない点もある中、
ご参加くださった皆様には、ほんとうにご協力とご理解をいただきましたこと、
心より感謝しております。有り難うございます。
またの機会に、より多くの方を長寿の森林へご案内できますことを祈念し、ご報告いたします。
                   京都自然薬研究会 会長 安藤 操

腸のお掃除

痩せたマウスの腸に太ったマウスの腸内細菌を移したところ、今までと同じ量のえさを食べているのに痩せたマウスが太りだした、という実験結果があります。
腸内環境は免疫力も含めて健康に大きな影響力のある臓器です。
便秘や膨満感にお悩みの方は一度当店お勧めの証陽酸EXはいかがでしょう。
1兆個の乳酸菌、ビフィズス菌、紫蘇葉、生姜、山査子エキス配合で大変ご好評をいただいております。
サンプルも差し上げますのでお気軽にどうぞ。
(桂店 ともき)

FAST

脳梗塞の前兆を判断するための略語です。
FはFACE、上手く笑顔を作れるか
AはARM、腕を上げたままキープできるか
SはSPEECH、短い文がいつも通りしゃべれるか
TはTIME、症状に気づいたらすぐ受診
脳梗塞の場合は早く気付けば血栓を溶かす治療が速やかにできます。
でも詰まらない血管でいたいものですね。
(桂店 ともき)

健康講演会のご案内

過ごしやすい時節になりました。今年も恒例の京都むらさきクラブの集いを開催します。
今年は
「第33回 京都むらさきクラブの集い」 
 日時:平成29年10月18日(水)13:00~15:00
 場所:ホテルグランヴィア京都 5階 古今の間
 講師:一般社団法人 国際感食協会 薬剤師 宇多川 久美子 先生
 演題:「薬剤師が伝える薬に頼らない健康法」
 参加費:無料(紅茶とケーキ付)
このような内容です。
宇多川先生のお話はとてもわかりやすく、エネルギーをいっぱいいただけます。
ご家族、お友達を誘ってぜひご参加ください。
参加お申込みは、嵐山店・桂店の店頭へお願いいたします
定員となり次第締め切りとなりますので、ご希望の方はお早めにお申し込みくださいませ
季節の変わり目は身体がだるくてシャキッ!としませんね。
夏の疲れが残ったままだと、秋の味覚を充分味わうことはできません。
胃腸を温めて、ゆっくり休養を。
次の季節も元気に過ごせるようにからだのお手入れをしてくださいね。
湿度と暑さの影響でだるさが取れないーという方は、ぜひご相談ください
                                            (嵐山店 みさお)

痩せの大食い

痩せの大食いというか、同じもの食べてても太る人と太らない人がいるのは事実です。
あるマウスの実験ですが、痩せマウスの腸に、太ったマウスの腸内細菌を移したところ、痩せマウスが同じえさの量で太り始めたそうです。
痩せ体質には腸内環境が鍵の一つを握っていそうですね。
そういうアプローチも当店のダイエットには取り入れています。
一度ご相談ください。
(桂店 ともき)

正しい栄養バランスは人によって違う

一般的に推奨される栄養バランスはタンパク質:脂質:炭水化物=15:25:60と言われています。
しかしグリーンランドに住むイヌイットの伝統的な食事のバランスは47.1:45.5:7.4だったそうです。
ほぼタンパク質と脂質です。しかし彼らは心筋梗塞や糖尿病が有意に少なかったことがわかっています。
鍵が糖質なのは明らかですね。ここまで少なくする必要は無いでしょうが、よほど身体を日常的に動かしているという自信のある方以外は糖質は少ないにこしたことは無いでしょう。
脂質もEPAやDHAなどの良い油をしっかり摂りましょう。油は全部が悪役ではありません。
(桂店 ともき)